既存の授業においても、アクティブ・ラーニングと意識されないだけで、優れた能動的学修の実践が多々あります。本事業では、授業担当者を話題提供者に据えて、様々な創意工夫を教員間で共有し、効果や課題を出し合う場として小規模なセミナーを開催、それらの能動的学修の実践を、「アクティブ・ラーニング・チャート」作成等を通じて、個々の教員が独自に行ってきた能動的学修の実践を行動的知性を養成する教育プログラムのなかに位置付けることにより、基盤教育と専門教育の有機的結合を図っていきます。